【就活生必見!】体育会系就活のアピール方法

仕事術

ゴリアーキ
ゴリアーキ

毎年やってくるこのシーズン、、、そう、就活ですね。

今回は体育会系の就活での勝ち残り方について書いていきたいと思います。

就活だけでなく、仕事を始めてからも活きる考えがあると思うので、ぜひ最後までお読みください。

就活で活きる体育会系の強み

体育会系と言えば、以下の強みが皆言うやつですね。

チビゴリちゃん
チビゴリちゃん

体力が自慢です!

チビゴリちゃん
チビゴリちゃん

精神力は誰にも負けません!

どんな時でも明るく振舞えます!

チビゴリちゃん
チビゴリちゃん

キャプテンをやっていたので、纏める力は誰よりもあります!

・・・これ全部NGです!!こんなありきたりのこと言っても誰の心にも響きません!!

しかも、本当にとんでもなく体力ある優秀な人が現れて同じこと言われたら絶対にそちらを採用します。

チビゴリちゃん
チビゴリちゃん

じゃあ、なんて言えばいいの・・・?

(パパいじわる!嫌い!!)

ゴリアーキ
ゴリアーキ

体育会系の部活での活動を自分にしっかりと重ね合わせる❞だよ!

具体的にはスポーツの特徴チーム内での立場などだね。

(嫌いにならないで。。。泣)

スポーツの特性を自分に重ねる

体育会系といえど、当然ながらスポーツの種類は多岐にわたります。

そのスポーツごとの特徴をしっかりと捉え、自分自身に重ね合わせることを考えます。

例えばこんな感じ、

ラグビーの場合(※ゴリアーキは現役ラガーマンです)

「私は常に自分の意思で考え決定する癖をつけてきました。例えば、高校からはじめたラグビーでは、始めはFWでしたが、より全体を俯瞰的に確認し相手のスキを見つけアタックするBK、中でもFWでのフィジカルの強さを活かすことができるCTBを志望して、最後の年にはレギュラーとしてチームを引っ張っていくことが出来ました。このように密集と離散が共存するラグビーという競技を通して、得た俯瞰的に物事をとらえる姿勢とポイントを抑えて効率よくアクションを起こす能力は必ず仕事を通じても様々な場で発揮できると思います!

といった感じです!

少し長いので、自分に合った内容に組み替える必要がありますが、

FWだった人なら、ボールに一番近いポジションで一番中心となってプレーできる環境~など、

それぞれの競技特性やポジションの特性に自分の姿を重ねるようにしてみてください。

とても説得力ある印象を与えることが出来ると思います。

チーム内の立場を自分に重ね合わせる

これも先ほどの内容と同じく、しっかりとチーム内の立場を意識して言語化します。

例えば、、、

「私は大学2回生の時に、先輩のキャプテンが怪我をしたため、代理でキャプテンをすることになりました。チーム内には4回生や院生など上級生が大半を占める環境でどのように自分がチームの中心となりながら、上級生のサポートを得ながら練習の質を高めればよいかを模索しました。この経験から私は自分の経験不足を補ってくれるキーマンを見つけ、サポート受けること、自分の考えを整理し伝えることの重要性を知りました。会社の中の組織においても、この経験を活かして仕事を推進することができると思います!」 といった感じです!

こちらも少し長くなりましたが、自分の経験をどのように捉えて、今の自分にどのように反映されているかが分かる内容になっていることが重要です。

まとめ

今回は体育会系の就活について、自分の経験を基に書いてみました。

アピールするべきは体力自慢でも精神力自慢でもなく、

自分の置かれた環境から何を得て、何を活かすことができるのか!を伝えることです。

就活は何社落ちようとも自分を信じて、自信をもって挑むことが大事です。

人生で一番最初に自分について見つめなおすのが就活のタイミングという人は多いです。

大事な時にしっかりと自分をアピールできるよう出来るだけ早く自己分析をして、今まで自分がしてきた些細なことでも臆することなく、しっかりとアピールできるように取り組みましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました!

もしこの記事が参考になって就活が上手く行った人がいれば、コメント欄で教えて頂けると飛んで喜びます!

コメント

タイトルとURLをコピーしました