【実例紹介】格安SIMで毎月最大1万円以上固定を下げる方法

資産運用
ゴリアーキ
ゴリアーキ

今日は昨年我が家が実施した家計改善のうち、 格安SIMへの変更について書きたいと思います!(我が家の場合はソフトバンク→Ymobile!への変更です。)

今、大手キャリアを使用しいている人がこの記事を読むと、毎月最大1万円以上の家計改善が出来ます♪ぜひ最後までご覧ください!

なぜYモバイルにしたか?

我が家はもともとソフトバンクユーザーでした。

恥ずかしながら、何も考えずに大手キャリアが安心だ!というだけです。

でも、ほとんどの皆さんがそうですよね?

我が家は遅ればせながら、約1年前から家計改善に取り組んでいます。

そして始めに通信費の削減を検討しました!

Yモバイルを選んだ理由は主に3つです。

  1. ソフトバンクからの引継ぎがとても楽だったこと
  2. 事務手数料がかからない
  3. ソフトバンクAir / ソフトバンク電気を利用している

1.ソフトバンクからの引継ぎがとても楽だったこと

→Yモバイルはソフトバンクの通信を使っているため、店頭対応でも同じスタッフが対応してくれます。あっちに行って、こっちに行ってということが無くスムーズに変更手続きが出来ました。

2.事務手数料がかからない

→他のキャリアからYモバイルへ転出する場合、どうしても事務手数料がかかってきます。

 折角なら事務手数料がかからない方が良いですよね?とても単純な理由です。

3.ソフトバンクAir / ソフトバンク電気を利用している

→もともとソフトバンクユーザーだったため、

ソフトバンクAirの利用によるおうち割り/ソフトバンク電気によるおうち電気割りの2つの割引が適用されていました。

この割引はYモバイルであっても同様に適用されるため、他の電力会社の割引やネット回線の料金を比較したうえで判断しました。

※電力自由化により、各地で従来より割安な電力会社を選ぶことが出来るようになっています。我が家が転勤族の為、2年しばりがある会社などは選べませんでした。また、転勤の辞令が出た場合でも、持ち運びや回線工事が無いソフトバンクAirには満足しているため、他社のネット回線と料金を比較したうえでソフトバンクAirを継続することとしました。

今ならソフトバンクAirに申込で35,000円キャッシュバックキャンペーン開催中

電気料金やネット代は価格com.で調べると比較できるので、お悩みの方はまずは電力会社の比較をしてみてください!

価格.com - 電気料金比較|新電力プランを比較して電気代を節約
電気代の見直しなら価格.comの「電気料金比較」。割引などのキャンペーンも実施中!電力自由化で電力会社を自由に選べるようになりました。人気ランキングやシミュレーションで、新電力の料金プランや節約額を比較・検討できます。

いくら安くなったか?

では実際に我が家の場合でいくらくらい安くなったのかをお見せしたいと思います。

ソフトバンクの時は夫婦でウルトラギガモンスター(50G/月)に入っていました。

これもランニングしているときや車で自由に音楽が聴けるように、、、などという必要なギガ数を調べることなく決めていました。。。

チビゴリちゃん
チビゴリちゃん

どんだけ走るねん!!どんだけ音楽聞くねん!!鼓膜破れるで!!

ゴリアーキ
ゴリアーキ

具の根も出ない・・・ごもっともです・・・

また、端末代金も分割で支払っていたため、

夫:7,570円

(内訳)プラン7,480円・端末代1,200円・おうち割り-1,000円・でんき割り-110円

妻:8,380円

(内訳)プラン7,480円・端末代2,400円・おうち割り-1,000円・家族割り-500円

の計15,950円。

ここにネット代を追加すると夫婦2人で2万円以上の通信費を毎月払っていました。

典型的なマネーリテラシーが低い系家族ですね。笑

これをYモバイルに変更すると(夫婦ともにスマホベーシックSプラン:3+1の4G)

夫:2,170円

妻:1,630円

の計3,800円となり、通信費だけで12,000円/月以上安くなっています!

年間にすると約14万円!!!!

(※端末の残債はコロナの特別給付金で一括払いにしました!ありがたやぁ~!)

知っているか知らないかだけでこんなにも変わるなんて、、、

世の中情弱から搾取されるようにできています。

この衝撃が多きすぎて、改めて保険やその他固定費関係も見直した次第です!

そして肝心な使い勝手ですが、夫婦ともに全くもってノーストレスです!

妻は家ではwifi接続しているので、4Gでも余るようで問題なし!

僕は確かにお昼休みにネット速度が遅いような気もしますが、会社にいれば会社のPCでネットは利用可能ですし、(社給のiPhoneもあるのでさらに問題なし)

むしろ僕の場合は昼休みぐらいネットを使わないで読書をしようと思い、このような普段時間が無くて出来ないことを積極的に行うようになりました!いい循環ですね♪

まとめ

家計改善を行う中で食費などを見直す人も多いかと思いますが、

まずは固定費を整理し、下げ代を確認するのが即効性と永続性があるのでおすすめです!

通信費を見直す時に契約更新月でなければ、1万円近く違約金がかかるなど、気になりますよね、、、ですが、我が家のように毎月1.2万円安くなる場合、仮に契約更新月が2カ月以上先の場合は毎月の固定費削減による効果の方が早いため、出来るだけ早く格安SIMに乗り換える方がお得になります!

極力早く変更することをおススメします!

また、高配当投資などでキャッシュフローを改善することを考えている人もいますが、年間14万円を投資で得ようと思うと、配当4%で350万円もの資産が必要となります。

逆に考えれば、月1.2万円下げることが出来れば350万円の資産をもっているのと同等の効果があると言えます!

一方で、無理な支出の抑制はQOL(Quolity of Life)を低下させることにも繋がり、永続性があるとは言えません。先ずは自分がストレスなく行える箇所から支出削減してみてはいかがでしょうか。

最後までお読みいただきありがとうございました♪

ブログ村に参戦しています!ポチッとして頂ければ励みになります!

にほんブログ村 投資ブログ 資産運用へ
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました